6月 24, 2015

ウールの10の素晴らしい特性。


ウールの扱いやすさや着心地の良さは誰もが知っていますが、ウールには天然の UV 保護機能や抗菌特性があることをご存知でしたか?今週は、ウールの 7 つの驚くべき特性を見ていきます。

#1。ウールには天然の紫外線保護機能があります

シープウールの天然紫外線防御指数は最大30+!ウールは肌に触れる前に太陽の紫外線を自然に吸収します。ウールを着用することで、太陽の有害な光線から保護されます。

#2。ウールには抗菌性と抗菌性があります

ウール繊維の薄いワックス状のコーティングには、カビ、白カビ、バクテリアの増殖を抑制する脂肪酸が含まれています。同じコーティングは、カビやカビの成長の原因となる水をはじきます。これは、化学繊維とは異なり、ウール製品は定期的な洗濯を必要とせず、繰り返し使用すると新鮮な匂いがすることを意味します.

#3。ウールは汚れにくい

ウールのワックス状の外側コーティングは液体をはじくのに役立ちます。つまり、ニットウェアに何かをこぼすと、転がり落ちる可能性が高く、残ったものは簡単に拭き取れます.

#4。ウールはお手入れが簡単

ウール製品は定期的な洗濯が不要であることは周知の事実です。臭いの原因となるバクテリアは、ウール繊維をコーティングする脂肪酸によって自然に抑制されます。糸くず、汚れ、ほこりを引き付ける静電気も、このワックス状のコーティングによって抑制されます。繊維のうろこ状の表面積は、汚れや染みが吸収されるのをブロックするように機能します。代わりに、粒子が上にあるため、除去がはるかに簡単になります。

#5。冬は暖かく、夏は涼しく過ごせます

ウールは体温調節機能で知られています。冬には、ウールの断熱性が乾燥した空気と暖かさを肌の近くに閉じ込めます。ウールの自然な断熱性と水をはじく能力により、雨が降っても体を暖かく保つファブリックが生まれます。夏には、ウールのコイル状の形状が余分な熱と湿気を肌から逃がし、着用者を涼しく保ちます。

#6。濡れても保温

ウール繊維の内部コアは、自重の半分以下の水分を吸収できます。ウールが自重の 60% で飽和するまで、触って濡れた感じはしません。ウールは、飽和状態になっても断熱値の 80% を保持するため、濡れても体を暖かく保ちます。この事実は、ガンジーのフィッシャーマン セーターを思い起こさせます。多くの命を救ったに違いありません。

#7。ウールは耐久性があります

ウールは20,000回曲げても壊れません。比較すると、綿は 3,000 回曲げると破れ、絹は 2,000 回曲げると破れ、レーヨンは 75 回曲げても破れません。その自然な弾力性は、繊維が切れにくく、ウールで作られた生地が裂けにくいことを意味します。ウールの「跳ね返る」能力は、ウールの衣類が他の繊維で作られた衣類よりも形状を保持する傾向があることを意味します.